So-net無料ブログ作成
検索選択

【SO-03C】Amazonでバッテリー(BA700)が安かったので買ってみた。 [SO-03C]


Case-Mate 日本正規品 docomo Xperia ray SO-03C Hybrid Tough Case

愛着のある「SO-03C」に、数百円の投げ売りクリアシェルケースだと寂しいので、先日AmazonでCase-Mate 日本正規品 docomo Xperia ray SO-03C Hybrid Tough Case」を購入した。

見た目は申し分なし!
持った感じもフィットする。

ただせっかくの軽さがかなりの重量級になる、シリコンゴムとハードケースがうまくはまらない(多少浮く)、バッテリーを外すのが面倒(バッテリー残量が狂うため充電ごとに抜いている)、音量ボタンが反応しにくいなど、少々(笑)不満はあるものの後悔はしていない。


SO-03Cはドコモオンラインショップでも売切れになってしまい、今後2台目を買う事もないだろうと、バッテリーを買う事にした。

Amazonで見ると1,000円以下で売っていた。(今の最安値は90円!)
販売はAmazon直ではなく、マーケットプレイスの出品者。

レビューを見ると、商品詳細ページの記述と違う商品日本語表記なし、PSEマークなし)が届いたとあり、その名指しされていた店とは違う店から購入。価格は590円


メールが届くまで気づかなかったけれど、海外からの輸入品になるようだ。
年明けに届く予定になっていたが、意外に早くもう届いてしまった。


wkwkしながら開けてみると、ハズレ!!
Σ(゚д゚|||)ガーン


シリアル番号は偽造品と言われているものとは違っていたが怖いなあ。

今使っている純正バッテリーも10-20%狂うので、爆発さえしなければ使っても良いけれど、念のためAmazonに連絡しておこう。


どうせ同じ中国表記なら90円で買いたいわ。

 

 

冷静になってよくよく純正との違いを調べてみた。
Amazonで偽造品としてアップされている画像とも違う。

届いた物には韓国語の表記も見られる。

表面には純正にはない『KC』というマークがある。
「KCマーク」でググるとこのようなサイトが見つかった。


韓国リチウムイオン畜電池認証 | 一般財団法人 電気安全環境研究所
http://www.jet.or.jp/cooperation/ktl/kc_lithium.html

2009年7月に韓国の「品質経営及び工産品安全管理法」の下の「自律安全確認工産品」として、リチウムイオン蓄電池が追加され、対韓国向けのリチウムイオン蓄電池については、韓国の安全基準に適合することが求められています。

「自律安全確認工産品」として規制を受ける範囲は、以下のとおりです。
携帯器機用リチウムイオン単電池(体積エネルギー密度400Wh/L以上のもの、ただしナビゲーション機能を有する携帯器機に搭載される単電池及び組電池は体積エネルギー密度にかかわらず対象となる)及び組電池に対するもので、車駆動用、産業用、医療用(ポータブル医療機器は除外)、ボタン型は適用から除かれる。



さらに「PSEマーク」を調べると、

リチウムイオン蓄電池の規制対象化 いよいよ11月20日より 施行|PSEジャパン株式会社
http://www.pse-japan.com/newsrelease/post_27.html

電気用品安全法の対象品目に新たにリチウムイオン蓄電池が「特定以外の電気用品」として対象となり、技術基準も新たにリチウムイオンバッテリーの項目が追加され、いよいよ本日平成20年11月20日より施行となります。
リチウムイオン蓄電池であって、万が一不具合が発生した場合に被害が拡大する可能性が高い程度に体積エネルギー密度が高い(>400Wh/L   400ワット時毎リットル以上)ものが規制対象となっている。



韓国のKCマーク≒日本のPSEマークみたいなものかあ!?












この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。